突発性難聴の原因|ストレスをため込まないことがポイント

先生

耳の状態を正確に把握する

カウンセリング

難聴の人の大きな味方である補聴器は、音の聞こえを改善するだけではなく、余計な雑音を拾わない機能も備えています。商品によって調節方法は異なりますので、しっかり検討の上で購入しましょう。医療機関で聴力検査を行なった後に、小売店で補聴器を購入する方がメリットがあります。

詳細

突然発症する耳の疾患

耳

疲労とストレス解消で予防

難聴とは耳が聞こえにくいことですが、それが、ある日突然発生する疾患を突発性難聴と言います。徐々に耳が聞こえにくくなるということではなく、瞬時に耳が聞こえなくなるというのが突発性難聴の特徴です。また、同時に耳鳴りや目まいが発生することも、よくあります。そして多くの場合、症状は片方の耳だけに現れます。突発性難聴の原因は、現在のところ不明です。ただ、ウイルス感染と循環障害が有力だとされています。そして、発症する人の傾向は、疲労やストレスがある人とされています。突発性難聴を発症する人は、昔く比べると増加しています。つまり、依然と比較すると身近な疾患になっていますので、疲労やストレスを上手く解消して、予防に努める必要があると言えます。

すぐに治療を受けるべき

そして、突発性難聴を発症してしまったら、すぐに医療機関で治療を受ける必要があります。突発性難聴は、完治する疾患であり、治療を受ければ聴力は回復します。しかし、それは、早期に治療を受けた場合であって、放置すればするだけ、完治の見込みは難しくなります。一般的に言われているのは、発症してから2週間以内の治療開始です。それより、治療開始が遅くなると聴力回復の可能性は低くなります。そして、1カ月以上放置してしまうと、回復は難しいとされています。従って、聞こえないのは片方の耳だけで、耳鳴りや目まいがないので日常生活は送れるといったことはせずに、すぐに医療機関を受診すべきです。治療は安静にした上で、薬物療法が行われます。

聞こえが悪くなったら

看護師

補聴器を購入するときは、耳鼻科であらかじめ自分の聞こえの状態が、どんな状態か調べておく必要があります。機器の選び方は豊富な知識や経験がある専門家がいるお店で、購入することが大切です。購入した後も、メンテナンスは欠かせません。

詳細

勤務先周辺で探す人向け

病院

新宿で耳鼻科を探しているなら、目的や希望に合わせた医療機関を選択しましょう。診察時間や診療内容、対応して欲しい症状をを明確にしておくと、最適な耳鼻科が見つかります。予約対応のケースもあるので、急な診察でも確認が必要です。

詳細