聞こえが悪くなったら|突発性難聴の原因|ストレスをため込まないことがポイント

突発性難聴の原因|ストレスをため込まないことがポイント

医師

聞こえが悪くなったら

看護師

専門家と出会えるか

補聴器は着用する人が補聴器を着用して頑張ろうという意欲を持つことが、非常に大切になってきます。そのため疑問や不安は最初のほうに解消しておくことが、大切です。耳鼻科の補聴器相談医に相談して聞こえの状態をチエックしてもらって、難聴の原因や程度を理解しておくことが重要になってきます。豊富な知識や経験、技術を持っている専門家と出会えることができるかどうかが、補聴器の選び方を左右するポイントとなってきます。補聴器の選び方のポイントは専門店を2〜3店は見て回って、もっとも信頼ができる専門家がいる補聴器店を選ぶことが大切です。そして現在どんな時に困っているのか、どういう音が聞こえないのか現在の聞こえの状態をできるだけ詳しく伝えることが大切です。

メンテナンスも重要

補聴器は使用する人の聞こえの状態や好み、使用する目的によって緻密に調整をしたりフィッテイングを行っていかなければなりません。選び方に関しては、調整した機器を実際に試聴してみて、微調整していくことも大切になってきます。静かな場所や騒音がある場所など色々な場所で試聴してみることも、機器の選び方について重要なことです。購入をした後であっても、実生活の聞こえや環境による影響を確かめながらさらに微調整を重ねて仕上げていく必要が出てきます。定期的にメンテナンスを行って気になっていることや、不具合がが出てきたときにその都度相談をすることができるか、丁寧に対応してくれるか、事前に確認しておくことが非常重要なことになってきます。